債務整理でクレジットカードの新規取得に制限がかかる

各種の負債を抱えている方の中には、債務整理を行いたいという方もいるでしょう。しかし、債務整理を行うと様々な制約を受けることになってしまうのも事実で、なかなか債務整理に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。
債務整理によって被る制限には様々なものがありますが、代表的なもので言えば「クレジットカードの新規取得が難しくなる」ということでしょう。
何故、債務整理によってクレジットカードの新規取得が難しくなるのかというと、そもそもクレジットカードが支払能力があるという『信用』によって成り立っているからです。債務整理を行うということはその支払能力が無いということですから、クレジットカードを新規取得することが難しくなってしまうというわけです。
では、どれぐらいの期間新規取得が難しくなるのかというと、カード発行会社とそこが参照する個人信用情報機関にもよりますが、およそ5年〜10年と言われています。個人信用情報機関に情報が登録されているこの期間を過ぎれば、登録されていたデータは抹消されて新規取得が可能になります。
しかしながら、全ての会社のクレジットカードが新規取得出来なくなるというわけではありません。会社によっては審査基準が違いますから、もっと短期の制限で新規取得が出来るケースもあります。
クレジットカードを生活の中でよく利用される方は、債務整理の際に弁護士の方にしっかりと確認を取っておきましょう。